産婦人科医に関する医師求人を見る前に、ぜひみなさんに確認しておいていただきたいのが”産婦人科医がもらうことのできるお給料の相場”です。

産婦人科医のお仕事は基本的に待遇が良いということを皆さんもすでにご存知と思いますが、やはりお仕事情報を探す前にはある程度給与相場を調べておくことは大切です。

仮に現在いただいているお給料から「上がる」としても、果たしてそれが適切な給与がどうかは分かりませんよね。
もちろん、相場に準じているからOK、NGという話ではないのです。
ですが、実際に自身がどの程度の給与をもらっているのか、それを客観的に評価する基準を知っていると、いざという時にしっかりとジャッジすることができるので安心です。
そこで、今回は注目度が上がっている『産婦人科医の給料について』少し情報をまとめてみました。

気になる産婦人科医のお給料。一体どのくらい?

実際に、産婦人科医の平均年収をみてみますと、おおよそ1500万円から1600万円というのが相場のようです。
ただある転職サイトに掲載されている求人をチェックしてみたところでは、平均値が1500万円前後っであったことから、ほかの診療科と比較すると、やはり傾向としては少し高めになるのではないかと思います。

平均年収が1400万円を切るような求人は全体で見ると少なく、逆に2000万円を超えるような求人も多数あるというのが大きな特徴と言えるでしょう。
つまり、医師として高収入を目指すのであれば、産婦人科医というのは一つの有効な選択肢ということがよく分かります。
ただ、そのような高収入を目指すのであれば、非常に勤続年数が長い、あるいは特殊なスキルをもっているなど、ある程度他の人にはないような能力が必要となるのは間違いありません。

常勤医、非常勤医とでどれぐらい収入が変わるのか

産婦人科医を目指すにしても『常勤』、『非常勤』と人によって働き方が変わってくると思います。
常勤では厳しいからという理由で非常勤勤務を考えるという方もいらっしゃると思います。

さて、勤務医の一般的な年収については先ほど述べたとおりです。
では非常勤・日勤・当直ではどうでしょうか。

非常勤・日勤・当直の給与相場
産婦人科医における非常勤の給与相場としては、半日あたりの勤務で約45,000円~50,000円程度
日勤だと約80,000円~100,000円程度
当直の場合には1回80,000円ほどとなります。

ですが、いずれにしても実際には務める病院によって、それなりに違いが出て来るようです。