「過酷な労働」というイメージが強く残る産婦人科医。
確かに、様々なアンケートや調査などにておいても労働環境が厳しく、なかなか自分の時間をとることができないという声は聞こえてきます。

しかし、一方では新たな命の誕生に立ち会うことができる喜びなど、確かにやりがいを感じることができる。
また、収入面などの待遇においてはそれなり以上に満足いくものがあるなど、メリットと言える部分も十分にあるのが産婦人科医の特徴です。

突然入るオペ、続くお産など、日々の激務で忙しい中では、確かに充実した休みを取る方法は難しいのかもしれません。
休みをとっていたとしても、突然連絡が入ることもかなり多いというのが一般的です。

しかし、ちょっとした工夫を行うことで「充実させる」ことは可能なのです。
そこで、今回は産婦人科医の医師求人などをご覧の皆さまに『お休みをうまく充実させる方法』をお伝えしたいと思います。

休みの取り方を工夫する

まず最初にお伝えしたいのは、やはり『休みの取り方』です。
なんと言っても一番のハードルとなるのが「休みが取れない」という現状なわけですから、ここをクリアしなければ次に進むことができませんよね。

では、みなさんが好きなように休日を取得する方法があるのか?と聞かれれば、それは確かに難しいのです。
お産に関係する緊急のオベなどが入る可能性は24時間体制でありますし、夜勤後そのまま仕事を続けなければいけない状況になることも決して少なくはありません。

しかし、なかなか取れない休みの取り方そのものを工夫するという手はあります。
例えば、なんとか他の人にフォローを頼んで「休日」とその前後日の勤務時間をうまく調整するという方法があります。
なかなか連休などをとる機会がないため、休日自体が極めて少ない方もいらっしゃいますが、その代わりにうまく前後の勤務時間そのものを調整すれば、少ない休日でもすこしはリラックスする時間を長くとれるのではないでしょうか。

日々がどうしても激務となってしまう傾向がありますので、上手に時間を調整する方法を工夫することが、充実した休みを手に入れるためのポイントになるのではないでしょうか。

お休みの過ごし方を考えておく

また、あらかじめお休みの過ごし方を考えておくのも重要です。
何も考えないようにする休日、あらかじめやりたいことを決めておく休日など、そのように休日をうまく使い分けられるようになれれば、お休みをより満喫することができると思います。