さて、産婦人科医に関してご興味がある皆さん。
既に気になるお給料事情などについては書かせていただきましたが、実際にご自身で一度勤めてみないことには「どのようなお仕事をするのか」がわかりにくい、といった部分もあるのではないでしょうか。

医師の仕事である以上は、基本的な部分では他の診療科目の医師と比較しても似た様な部分があります。
しかし、やはり具体的な仕事内容が気になってきますよね。
そこで、今回は産婦人科医の医師求人を探されているみなさんに『産婦人科医が行うお仕事の内容』について、少しご紹介をしてみたいと思います。

他の科と似たようで違う、新たな命の誕生をサポートする産科医の仕事。

まず、なによりも一番最初に意識しておきたいのが、”この科では病気そのものを専門に扱っているわけではない”ということです。
もちろん病気も扱う範囲の中には入っているものの、基本的には妊娠から出産までに対応することがメインの仕事の一つと捉えることもできます。

まず、妊娠から出産に関する仕事内容、つまり産科のお仕事について。
基本的には下記を行います。

産科の主な仕事内容 
・妊娠そのものの管理
・妊娠の確定診断
・問診
・妊娠検査薬や超音波などで正常な状態で妊娠できているか
・出産に伴う合併症のリスクなどについての発見
・胎児の発育状況に関するチェック

細かな検査に関しては、必ずしも医師が対応するとは限りません。
医師自身が行うこともあれば、医師がした後に看護師やといった方が検査を行うこともあります。
その他、下記などについても医師の仕事と言えるでしょう。

・診断や治療の指示
・必要な追加の検査やお薬の処方
・生活のアドバイス
・分娩の解除
・帝王切開等の処置

つまり手術することも必要になります。
また、新生児に関しても健康状態についてのチェックを行います。

ここまでをお読み頂ければわかると思いますが、『妊娠から出産までの全てに対して医師は基本的に関わっていく』ため、かなりハードワークになる、というのが一般的な見方です。

休日が取れないといった声を聞く事は決して珍しくありません。
しかし、新たな命の誕生を介助する、本当に大切な仕事だと言えるでしょう。

では、婦人科医の仕事とは?

対象とする病気の範囲が婦人特有のものに限定されるので、
子宮筋腫や卵巣、婦人系のがんなどを中心とする医師もいれば、検診、薬物療法、更年期障害を専門に扱っている医師もいます。