ニーズが高まる産婦人科医へ転職にチャレンジ


実は減少中!日本での産婦人科医の人数

実は減少中!日本での産婦人科医の人数

転職を考える医師へのアンケート調査結果

医師求人をお探しの皆さんにとって、新たな診療科目へ転職・転科を行うということは、一つの大きな決心になるのではないかと思います。
従来学んできた知識や経験を活かせる形で次に進むことがもっとも望ましいのでしょうが、中には「まっさらな形で」新しいスタートを切ろうという方も大勢いらっしゃいます。

勤務医を対象とした幾つかのアンケートによれば、30代の半ば頃から転職活動を始める非常に多いという結果が出ています。

医師が転職を考えた理由
・違うことをしたくなった
・人間関係に疲れた
・将来を見据えてのキャリアチェンジ

色々な理由があると思いますが、結果としては「将来性がある」あるいは「強いニーズを感じる科目」への転職を決めることが多いようです。

婦人科医の人数の実情

さて、ニーズが高い診療科目と言われれば、皆さんも幾つか思い当たると思いますが、その中でもかなり人手不足と言われているのが産婦人科医です。
実は日本において産婦人科医の不足に関しては、相当前から話はありました。
ただ、更に産婦人科医の人数が減少していると聞いたら、皆さんはどう思われますか。

何故、国内で産婦人科医が減少しているのか。その理由とは。

厚生労働省が発表した2016年時点での医療施設調査によれば、産婦人科を設置している病院数そのものが前年と比べ、21施設減少していたようです。
この減少傾向は26年連続続いており、1972年で最小数を更新しています。
その背景には仕事の厳しさや多忙さなど、労働環境に端を発する話もあるのですが、実態としてはそれだけではなく、続く出生数の減少なども挙げられています。

また、2017年には日本産婦人科医が、医師の働き方改革を厳密に行った場合には「多くの病院が深刻な人材不足に陥る」という資産をまとめ、公表しているという事実もあります。

現在、厚生労働省は医師そのものの働き方に関する改革を進めるべく、様々な議論を重ねています。
この議論については2019年を目処に意見をまとめるということで動いているようですが、産婦人科医会からは「この計画は破綻している」という意見を突きつけられたような形とも、とることができます。

産婦人科医のニーズ拡大

こういった点を踏まえ、もう一度考えてみますと、今後も産婦人科における人材不足は進み続けるということになり、言い換えれば「ニーズの拡大」が続くのです。
実際に医師転職サイトなどを活用し、産婦人科医の求人情報を確認すれば、他の診療科目と比較し「条件が良さ」を確認することもできます。
その点で言えば「良い条件で働きたい」と考える方々にとっては、非常にプラスな転機と捉えることもできるのかもしれません。


画像引用元:https://www.dr-10.com/

産婦人科医の求人を探してみよう

産婦人科医の求人を探してみよう

産婦人科医への転職として、ここまでに様々な情報をお伝えしてまいりましたが、いかがでしたでしょうか。この記事をご覧のみなさまは、既に産婦人科医への...